芸能人・経営者のおくやみ情報

橋田壽賀子 氏(はしだすがこ)

脚本家[日本]

2021年 4月4日 死去急性リンパ腫享年97歳

 - ウィキペディアより引用

橋田 壽賀子(はしだ すがこ、1925年〈大正14年〉5月10日 - 2021年〈令和3年〉4月4日)は、日本の脚本家、劇作家、タレントである。
本名は岩崎 壽賀子(いわさき すがこ)(旧姓:橋田)。
1949年(昭和24年)、松竹に入社し、脚本部に配属される。
1964年(昭和39年)『袋を渡せば』でテレビドラマの脚本家デビュー。
同年、東芝日曜劇場のために執筆した『愛と死をみつめて』の脚本が話題となって以後、テレビドラマの脚本家として話題作・ヒット作の数々を世に送り出した。
代表作は『おんな太閤記』『おしん』『いのち』『橋田壽賀子ドラマ おんなは一生懸命』『春日局』『渡る世間は鬼ばかり』『なるようになるさ。
』シリーズなど。

関連作品