芸能人・経営者のおくやみ情報

狩野洞雲(かのうどううん)

絵師、法眼、駿河台狩野家初代[日本]

(元禄7年1月8日没)

1694年 2月1日 死去享年70歳

狩野 益信(かのう ますのぶ、寛永2年(1625年) - 元禄7年1月8日(1694年2月1日))は、日本の江戸時代前期に活動した狩野派の絵師。
幼名は山三郎、通称は采女、号は洞雲・宗深道人・松蔭子。
別号は、松蔭斎、薄友斎。
狩野探幽の養子で、江戸幕府御用絵師の中で奥絵師4家に次ぐ家格を持つ表絵師筆頭(御坊主格)駿河台狩野家の祖。
後述する号から狩野洞雲とも言われる。

関連作品