芸能人・経営者のおくやみ情報

仁科芳雄(にしなよしお)

物理学者[日本]

1951年 1月10日 死去享年62歳

仁科芳雄 - ウィキペディアより引用

仁科 芳雄(にしな よしお、1890年(明治23年)12月6日 - 1951年(昭和26年)1月10日)は、日本の物理学者。
日本に量子力学の拠点を作ることに尽くし、宇宙線関係、加速器関係の研究で業績をあげた。
日本の現代物理学の父である。
岡山県浅口郡里庄町浜中の出身。
死去から4年後の1955年、原子物理学とその応用分野の振興を目的として仁科記念財団が設立された。
この財団では毎年、原子物理学とその応用に関して著しい業績を上げた研究者に仁科記念賞を授与している。
ニールス・ボーアのもとで身に着けたその自由な学風は、自由で活発な精神風土を日本にもたらし、日本の素粒子物理を世界水準に引き上げた。
仁科の主催する研究室からは、多くの学者が巣立っていった。
朝永振一郎、坂田昌一が代表で多くの孫弟子がいる。
仁科の影響の及ばない素粒子論の研究者は少ない。