芸能人・経営者のおくやみ情報

平沼騏一郎 氏(ひらぬまきいちろう)

政治家、内閣総理大臣、男爵[日本]

1952年 8月22日 死去享年86歳

平沼騏一郎 - ウィキペディアより引用

平沼 騏一郎(ひらぬま きいちろう、慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日)は、日本の司法官僚、政治家。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
爵位は男爵。
学位は法学博士。
号は機外。
大審院検事局検事総長(第8代)、大審院長(第11代)、日本大学総長(第2代)、大東文化学院総長(初代)、財団法人大東文化協会会頭(第3代)、司法大臣(第26代)、貴族院議員、枢密院副議長(第11代)、枢密院議長(第17・21代)、内閣総理大臣(第35代)、国務大臣、内務大臣(第62代)などを歴任した。
東京控訴院部長や大審院検事局検事を務めたのち、司法省にて民刑局の局長などを経て次官に就任した。
その後、大審院検事局にて検事総長に就任し、さらに、大審院の院長を務めた。
法曹界で権力を持ち、保守・右派勢力の中心人物として暗躍し、帝人事件や企画院事件を引き起こす。
第2次山本内閣にて司法大臣として入閣を果たす。
貴族院議員、枢密顧問官などを経て、枢密院の副議長や議長を務めた。
内閣総理大臣に指名され、平沼内閣を組閣した。

関連書籍