芸能人・経営者のおくやみ情報

原敬(はらたかし)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1921年 11月4日 死去刺殺享年66歳

 - ウィキペディアより引用

原 敬(はら たかし、1856年3月15日〈安政3年2月9日〉- 1921年〈大正10年〉11月4日)は、日本の外交官、政治家。
位階勲等は正二位大勲位。
幼名は健次郎(けんじろう)。
号は一山、逸山(いつざん)。
「はら けい」と音読みが用いられるケースもある(原敬記念館、『原敬日記』など)。
外務次官、大阪毎日新聞社社長、立憲政友会幹事長、逓信大臣(第11・16代)、衆議院議員、内務大臣(第25・27・29代)、立憲政友会総裁(第3代)、内閣総理大臣(第19代)、司法大臣(第22代)などを歴任した。
『郵便報知新聞』記者を経て外務省に入省。
後に農商務省に移って陸奥宗光や井上馨からの信頼を得た。
陸奥外務大臣時代には外務官僚として重用されたが、陸奥の死後退官。
その後、発足時から政友倶楽部に参加して政界に進出。
大正7年(1918年)に総理大臣に就任。
戦前期日本の貴族制度であった華族の爵位の拝受を固辞し続けたため、「平民宰相(へいみんさいしょう)」と渾名された。
大正10年(1921年)11月4日、東京駅丸の内南口コンコースにて、大塚駅の駅員であった青年・中岡艮一に襲撃され、殺害された(原敬暗殺事件)。
満65歳没。
墓所は岩手県盛岡市の大慈寺。
古河鉱業(現:古河機械金属)の副社長にも就いていた。

関連作品

原敬が亡くなってから、100年と24日が経過しました。(36549日)