芸能人・経営者のおくやみ情報

伊藤桂一 氏(いとうけいいち)

作家[日本]

2016年 10月29日 死去老衰享年100歳

伊藤桂一 - ウィキペディアより引用

伊藤 桂一(いとう けいいち、1917年8月23日 - )は、日本の小説家、詩人。
『静かなノモンハン』などの戦場小説や、時代小説、私小説風な身辺小説などがある。
日本芸術院会員。
生い立ち 三重県三重郡神前村(現四日市市)の天台宗高角山大日寺に生まれる。
4歳の時に交通事故で父が亡くなり、寺の所有を巡る争いから7歳の時に家族で大阪に出て祖母、叔母と同居。
次いで1926年9歳の時に東京と転々とし、妹の療養のため徳山市にも2年間付き添った。
教師を志して青山師範学校を受験するが失敗し、1932年15歳の時に立正中学に入学、文学に熱中する。
1934年に曹洞宗の寺院に見習いとして入寺し、旧制世田谷中学に転校。
詩や小説の投稿を行うようになり、1935年に「文芸首都」に小説「祖父一家」が入選、掲載される。
1936年に上野のゴム再生業店に勤め、その後も商社事務員、ビルの清掃業など職を転々としながら、「日本詩壇」などに投稿。
詩の雑誌『紅籃』『餐』(後に『馬車』『山河』)『凝視』『内在』などに参加。

映像作品

関連書籍

ミュージック