芸能人・経営者のおくやみ情報

立花道雪(たちばなどうせつ)

戦国武将[日本]

(天正13年9月11日没)

1585年 11月2日 死去享年73歳

 - ウィキペディアより引用

戸次 鑑連/立花 道雪(べっき あきつら/たちばな どうせつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
豊後の戦国大名・大友氏の家臣。
臼杵鑑速や吉弘鑑理らと共に大友家の三宿老に数えられた。
大友義鑑・大友義鎮の2代に仕えた大友家の宿将で、北九州各地を転戦し、その勇猛は諸国に知られて恐れられた。
本人は立花姓を名乗っておらず、戸次鑑連または戸次道雪で通している。

関連作品

立花道雪が亡くなってから、436年と33日が経過しました。(159282日)