芸能人・経営者のおくやみ情報

真木和泉(まきいずみ)

久留米藩士[日本]

(「蛤御門の変」で破れ天王山で自害、元治元年7月21日没)

1864年 8月22日 死去自害享年52歳

 - ウィキペディアより引用

真木 保臣(まき やすおみ、文化10年3月7日(1813年4月7日) - 元治元年7月21日(1864年8月22日))は、江戸時代後期の久留米水天宮祠官、久留米藩士、尊皇攘夷派の活動家。
父は真木旋臣、母は中村柳子。
神官として従五位下・和泉守の官位を持ち、真木和泉守もしくは真木和泉、真木和泉守保臣として知られる。
雅号は紫灘(したん)。
贈正四位。

関連作品