芸能人・経営者のおくやみ情報

朴正煕

軍人、政治家大統領[韓国]

1979年 10月26日 死去射殺享年61歳

 - ウィキペディアより引用

朴 正煕(パク・チョンヒ、朝鮮語: 박정희、1917年11月14日 - 1979年10月26日)は、韓国の政治家、軍人。
1961年の軍事クーデターで国家再建最高会議議長に就任し、1963年から1979年まで大統領(第5代から第9代)を務めた。
彼の時代から約30年間にわたって『漢江の奇跡』と呼ばれる高度経済成長が実現されて韓国は世界最貧国の層から脱したと評価される。
一方で1972年の改憲で大統領任期と重任制限を撤廃することで永久執権を図ろうとし、また民主化運動をスパイ操作・司法殺人などで弾圧したとして「独裁者」との批判的評価も受けている。
1979年に側近の金載圭によって暗殺された。
本貫は高霊朴氏。
号は中樹(チュンス、중수)。
創氏改名による日本名は高木 正雄(たかぎ まさお)。
1番目の妻に金好南。
2番目の妻に文世光事件で暗殺の犠牲となった陸英修。
好南との間に長女の朴在玉。
英修との間に、次女で第18代大統領の朴槿恵と、長男でEGテック現会長の朴志晩がある。

関連作品

朴正煕が亡くなってから、42年と38日が経過しました。(15379日)