芸能人・経営者のおくやみ情報

金鍾泌 氏(キム・ジョンピル)

政治家、元首相[韓国]

2018年 6月23日 死去享年93歳

 - ウィキペディアより引用

金 鍾泌(キム・ジョンピル、1926年(大正15年)1月7日 - 2018年6月23日)は、大韓民国の政治家。
忠清南道扶余郡出身。
本貫は、金海金氏。
号は雲庭(ウンジョン、운정)。
略称は「JP」。
金泳三(YS)・金大中(DJ)とともに韓国政治史上に三金時代を築いた。
妻は朴正煕の姪・朴栄玉(パク・ヨンオク、박영옥)。
愛称はJPK。
韓国のマスコミがJFKをもじってつけたもの。
35歳だった1961年に5・16軍事クーデターを朴正煕とともに主導し、朴正煕政権誕生の立役者となった。
以降、朴正煕政権で初代中央情報部(KCIA)長、国務総理(首相)など要職を歴任。
1979年の朴正煕暗殺以降は議会政党指導者として有力政治家でありつづけた。
1997年には、朴正煕の最大の政敵であった金大中との連合(DJP連合(朝鮮語版))により大統領選挙での金大中の当選に貢献し、翌1998年に発足した金大中政権でふたたび首相を務めた。
政治姿勢は自らの主義主張を前面に出していくタイプではなく、韓国の政治家としては珍しい和を重視する調整型タイプの政治家であり、内外両面で大きく揺れた1960年代~1990年代の韓国政治において内外面において重鎮として先頭に立ち問題の沈静化に積極的に動いた。
朴正煕政権、金泳三政権、金大中政権の誕生に大きく貢献し、朴正煕政権と金大中政権では首相、金泳三政権では与党の党首を務めたが、自らは大統領になることはなかった。
このため、「永遠の2人士(ナンバー ……

関連作品

金鍾泌さんが亡くなってから、3年と163日が経ちました。(1259日)