芸能人・経営者のおくやみ情報

醍醐猛夫 氏(だいこたけお)

プロ野球選手、指導者[日本]

2019年 12月11日 死去急性骨髄性白血病享年82歳

醍醐 猛夫(だいご たけお、1938年11月15日 - )は、東京都北区出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、解説者。
2001年から2002年までの登録名は醍醐 猛男(読みは同じ)。
来歴・人物 早稲田実業ではエースの王貞治とバッテリーを組み、捕手・三番打者として1956年の夏の甲子園に出場。
2回戦で県岐阜商に敗退。
同期には徳武定之三塁手がいた。
1957年に毎日オリオンズへ入団し、1年目から正捕手として活躍。
1959年には谷本稔に定位置を譲るが、1964年にレギュラーの座を奪還。
翌1965年には全試合出場、初めて規定打席に達する(23位、打率.248)。
1971年には2試合にまたがる4打席連続本塁打を記録。
リーグを代表するキャッチング技術と巧打で活躍し、3度のリーグ優勝(1960年、1970年、1974年)に貢献したほか、オールスターにも4度出場(1965年、1968年、1969年、1971年)。