芸能人・経営者のおくやみ情報

沢村栄治(さわむらえいじ)

プロ野球選手[日本]

1944年 12月2日 死去戦死享年28歳

 - ウィキペディアより引用

沢村 栄治(さわむら えいじ、1917年〈大正6年〉2月1日 - 1944年〈昭和19年〉12月2日)は、三重県出身のプロ野球選手(投手)。
日本プロ野球黎明期において伝説的な活躍をした不滅の大投手。
1934年の日米野球では持ち前の快速球でベーブルースやルー・ゲーリックらメジャーリーグ選抜を手玉に取ったほか、二度の渡米遠征で活躍するなど、"スクールボーイ・サワムラ"として野球の本場アメリカでもその名を馳せた。
日本で職業野球が開始されると、巨人の初代エースとなり1936年の初優勝に大きく貢献。
1937年春季には史上初の投手5冠に輝き、初代最高殊勲選手(MVP)を受賞した。
のち、史上最多タイの3回のノーヒットノーランも達成している。
しかし、兵役で肩を痛めて快速球の威力は失われ、三度の応召を経て1944年戦死。
戦後の1947年に功績が称えられて巨人の背番号14は初の永久欠番に指定される。
また、同年に設立された最も優れた投手に贈られるタイトル「沢村賞」にその名を残している。
1959年に野球殿堂入り。

関連作品

沢村栄治が亡くなってから、77年と171日が経過しました。(28295日)