芸能人・経営者のおくやみ情報

金田正一 氏(かねだまさいち)

プロ野球選手、監督[韓国→日本]

2019年 10月6日 死去敗血症享年87歳

 - ウィキペディアより引用

金田 正一(かねだ まさいち、1933年8月1日 - 2019年10月6日)は、愛知県中島郡平和村(現・稲沢市)生まれ、名古屋市北区出身のプロ野球選手(投手)・監督、解説者・評論家、実業家・タレント。
国鉄スワローズ(現・ヤクルトスワローズ)と読売ジャイアンツで活躍し、日本プロ野球史上唯一の通算「400勝投手」である。
同時に通算敗戦(298)、通算奪三振(4490)、通算完投(365)、通算イニング(5526回2/3)、通算対戦打者(22078)、通算与四球(1808)、連続シーズン20勝以上(14)、連続イニング無失点(64回1/3)、開幕投手回数(14)、連続シーズン100奪三振以上(16)はいずれもNPB記録。
NPB史上最年少で200勝達成と共に最年少ノーヒットノーラン達成している。
NPB最多記録となる最多奪三振を10回獲得。
また、史上2人目の沢村栄治賞3回受賞者であり、史上初の3年連続受賞(1956年 - 1958年)も達成している。
引退後はロッテオリオンズ監督や日本プロ野球名球会初代会長を務めた。
在日韓国人2世として出生し、後に日本へ帰化した。
韓国名は金 慶弘(キム・ギョンホン、韓国語: 김경홍)。
[要検証 – ノート]

関連作品