芸能人・経営者のおくやみ情報

重光武雄 氏(しげみつたけお)

ロッテ 創業者[韓国]

(本名・辛格浩)

2020年 1月19日 死去老衰享年100歳

 - ウィキペディアより引用

重光 武雄(しげみつ たけお、1921年11月3日 - )は、日本の実業家である。
日本統治時代の朝鮮慶尚南道蔚山郡(現・蔚山広域市)出身の在日韓国人一世。
本名は辛 格浩(シン・キョクホ、またはシン・キョッコ、신격호)。
ロッテグループ会長、日本プロ野球のチーム千葉ロッテマリーンズと大韓民国プロ野球のチームロッテ・ジャイアンツのオーナーを務める。
韓国第5位のロッテグループ財閥の総帥でもある。
1921年 - 日本統治時代の朝鮮(現韓国)の慶尚南道蔚山郡で誕生。
1942年 - 関釜連絡船に乗って日本本土へ転居。
1944年 - 早稲田実業学校卒業。
1947年 - 進駐軍のチューインガムを見て、ガム製造に乗り出す。
1948年 - 6月株式会社ロッテ設立。
代表取締役社長に就任。
1954年 - サッカーW杯予選出場のために来日する韓国代表チームの支援活動を始める。
のちに1964年東京オリンピックの韓国選手団を支援。
1967年 - 4月韓国ロッテ設立。
1969年 - 岸信介の仲介で東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)のスポンサーとなり、球団名をロッテオリオンズとするが、球団経営は引き続き大映に委ねた。

関連作品

「重光武雄」と関連する故人