芸能人・経営者のおくやみ情報

別当薫 氏(べっとうかおる)

プロ野球選手[日本]

1999年 4月16日 死去心不全享年80歳

 - ウィキペディアより引用

別当 薫(べっとう かおる、1920年8月23日 - 1999年4月16日)は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(外野手)・コーチ・監督、解説者。
セ・パ両リーグ分立前後に走れる長距離砲として活躍した外野手で、1948年から1953年まで6年連続でベストナイン外野手に選ばれた。
1948年に阪神に入団し、藤村富美男とダイナマイト打線の中核をなす。
1950年パ・リーグの毎日に移籍すると、43本塁打、105打点で二冠王を獲得して毎日の日本一に大きく貢献し、最高殊勲選手に選ばれる。
また、同年は打率.335、34盗塁で初のトリプルスリーを達成した。
1952年と1954年から選手兼監督を務めると、以降近鉄・大洋・広島で20年に亘って指揮を執り、監督としても1237勝を挙げた。
1988年野球殿堂入り。

関連作品