芸能人・経営者のおくやみ情報

道鏡(どうきょう)

[日本]

(俗名・弓削連、宝亀3年4月7日没)

(ユリウス暦) 0772年 5月13日 死去

 - ウィキペディアより引用

道鏡(どうきょう、文武天皇4年(700年)? - 宝亀3年4月7日(772年5月13日))は、奈良時代の僧侶。
俗姓は弓削氏(弓削連)で、弓削櫛麻呂の子とする系図がある。
俗姓から、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)とも呼ばれる。
平将門、足利尊氏とともに日本三悪人と称されることがある。

関連作品