芸能人・経営者のおくやみ情報

田中正造(たなかしょうぞう)

政治家[日本]

(足尾鉱毒事件を明治天皇に直訴)

1913年 9月4日 死去享年73歳

田中正造 - ウィキペディアより引用

田中 正造(たなか しょうぞう、天保12年11月3日(1841年12月15日) - 1913年(大正2年)9月4日)は、日本の幕末から明治時代にかけての村名主、政治家。
日本初の公害事件と言われる足尾鉱毒事件の重鎮であり、明治天皇に直訴しようとしたことで有名。
衆議院議員選挙に当選6回。
幼名は兼三郎。
下野国安蘇郡小中村(現・栃木県佐野市小中町)出身。
足尾銅山鉱毒事件の被害者でもあり、救済を政府に訴えた。

田中正造が亡くなってから、108年と346日が経過しました。(39793日)