芸能人・経営者のおくやみ情報

三木鶏郎 氏(みきとりろう)

作詞家作曲家[日本]

1994年 10月7日 死去享年81歳

 - ウィキペディアより引用

三木 鶏郎(みき とりろう、1914年〈大正3年〉1月28日 - 1994年〈平成6年〉10月7日)は、東京府東京市麹町区(現:東京都千代田区)出身の作詞家、作曲家、放送作家、構成作家、演出家である。
本名、繁田 裕司(しげた ひろし)。
昭和前期から平成前期まで活躍した。
芸名は好きなミッキーマウスと(デビュー当初、朝川賞郎、秋元喜雄と3人で活動していたことから)「トリオ」をかけたものであり、本来の読み方は「みき とりお」であったが、アナウンサーから「とりろう」と誤読されたためそれが定着した。
「三木トリロー」名義での活動歴もある。
ジャズ評論家・司会者の三木鮎郎は実弟。
甥(鮎郎の長男)の三木睦郎は「笑点」の放送作家。
三重県出身の繁田保吉の長男として東京市麹町区飯田町6-22(現・東京都千代田区飯田橋)に生まれる。
父は立命館大学を出て岡山地裁の判事となったが、私学出ゆえに差別を受け、官界を去って弁護士となった。
このため、息子はどうしても東京帝大法科に入れようと望んでいた。
暁星小学校から暁星中学校を経て、飛び級で旧制浦和高等学校に入学。

関連商品

みき-とりろう 1914-1994昭和時代後期の作詞・作曲家。大正3年1月28日生まれ。三木鮎郎(あゆろう)の兄。昭和22年NHKラジオ「日曜娯楽版」で風刺をきかせた「冗談音楽」コーナーを担当,人気を博す。26年日本初のCMソング「ボクはアマチュアカメラマン」をつくり,のちCMソングのヒットメーカーとなる。「僕は特急の機関士で」「田舎のバス」など歌謡曲もヒット。平成6年10月7日死去。80歳。東京出身。東京帝大卒。本名は繁田裕司。 (引用元 コトバンク)