芸能人・経営者のおくやみ情報

弘田三枝子 氏(ひろたみえこ)

歌手[日本]

2020年 7月21日 死去心不全享年74歳

弘田 三枝子(ひろた みえこ、本名:高木 三枝子、1947年2月5日 - )は、日本の歌手。
愛称はMICO(ミコ)、ミコちゃん。
歌唱力とパンチの効いた歌声で、「ポップスの女王」ともいわれ、その歌唱力は当時「日本女性歌手史上最高の歌唱力」とも評されていた。
東京都世田谷区池尻出身。
小学生時代の7歳から立川市などの進駐軍のキャンプでジャズやポピュラーなどを歌っていた。
ハワイアンをやっていた兄からの助言と、童謡と英語を先生について習った。
その当時同じ立川で同じように歌っていた少女が伊東ゆかりであり、弘田は「あの子はどんな歌手になるのだろう」と幼心に思ったとのちに語っている。
1961年に東芝音楽工業から、「子供ぢゃないの」(ヘレン・シャピロのカバー)でデビュー、14歳。
翌年には各社競作で出された「ヴァケィション」(コニー・フランシスのカバー)が大ヒットを記録する。
1964年10月に東芝音楽工業を退社し、日本コロムビアへ移籍する。
1965年7月には、日本人歌手として初めて、アメリカの「ニューポート・ジャズ・フェスティバル」に出場。

関連作品