芸能人・経営者のおくやみ情報

大原富枝 氏(おおはらとみえ)

作家[日本]

2000年 1月27日 死去心不全享年89歳

大原 富枝(おおはら とみえ、1912年9月28日 - 2000年1月27日)は日本の小説家。
高知県女子師範学校中退。
結核療養の中小説を書き、『ストマイつんぼ』で文壇に登場、幽閉生活を強いられた野中婉の生涯を描いた『婉という女』で毎日出版文化賞と野間文芸賞を受賞した。
その後カトリックに入信。
歴史に題材をとりながら、負の人生を一途に生きた女を描き、現代の切実な問題としている。
日本芸術院会員。
勲三等瑞宝章。

関連作品

大原富枝さんが亡くなってから、22年と248日が経ちました。(8284日)