芸能人・経営者のおくやみ情報

上山草人 氏(かみやまそうじん)

俳優[日本]

1954年 7月28日 死去享年71歳

上山草人 - ウィキペディアより引用

上山 草人(かみやま そうじん、1884年1月30日 - 1954年7月28日)は、日本の俳優。
本名は三田 貞(みた ただし)。
号は半月。
坪内逍遥の文芸協会を経て、妻の山川浦路らと近代劇協会を設立して新劇俳優として活動。
1919年(大正8年)に渡米してからは映画界に転向し、ダグラス・フェアバンクス主演の活劇映画『バグダッドの盗賊』に出演。
ハリウッドで活躍した日本人俳優の一人となった。
帰国後の出演作に『赤西蠣太』『七人の侍』などがある。
新劇俳優に 1884年(明治17年)1月30日、宮城県遠田郡涌谷町に父・上山五郎の次男として、五郎の愛人である角川浦路との間に生まれる。
父は産婦人科病院を経営していた医者で、宮城医学校教授を務めた。
母は涌谷町の名門の医者の娘であるが、草人が産まれてすぐに発狂したため、草人は母と引き離され、親戚の家を転々として10歳から父親宅に引き取られた。
父親は厳しく、愛情薄い幼少期だった。
生家は涌谷町の涌谷第一小学校の前庭にあり、今でもそこにあった木が残っている。

映像作品