芸能人・経営者のおくやみ情報

飯島耕一 氏

詩人作家[日本]

2013年 10月14日 死去吸収不良症候群享年84歳

飯島 耕一(いいじま こういち、1930年2月25日 - 2013年10月14日)は、日本の詩人、小説家、日本芸術院会員、元明治大学法学部教授。
長男は建築評論家の飯島洋一。
岡山市生まれ。
旧制第六高等学校時代、シュペルヴィエルに傾倒。
東京大学仏文科卒業。
在学中、栗田勇らと『カイエ』を創刊、1953年、第一詩集『他人の空』を刊行する。
1956年、大岡信らとシュルレアリスム研究会をつくる。
『鰐』、『櫂』などに参加。
翻訳、評論、小説もある。
國學院大學教授を経て、2000年まで明治大学法学部のフランス語教授を務めた。
1974年、『ゴヤのファースト・ネームは』で高見順賞、1978年、『飯島耕一詩集』で藤村記念歴程賞、1983年、『夜を夢想する小太陽の独言』で現代詩人賞、1996年、小説『暗殺百美人』でBunkamuraドゥマゴ文学賞(選考委員・中村真一郎)、2005年、『アメリカ』で読売文学賞、詩歌文学館賞を受賞。

関連書籍

日本の男性詩人、小説家、明治大学名誉教授。1930年2月25日生まれ、岡山県岡山市出身。 東京大学在学時、『カイエ』創刊に携わる。活動は上記のほか、翻訳、評論など多岐に渡る。 2013年10月14日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)