芸能人・経営者のおくやみ情報

金地院崇伝(こんちいんすうでん)

臨済宗の[日本]

(「黒衣の宰相」、寛永10年1月20日入滅)

1633年 2月28日 死去享年65歳

 - ウィキペディアより引用

以心崇伝(いしん すうでん、永禄12年〈1569年〉- 寛永10年1月20日〈1633年2月28日〉)は、安土桃山時代から江戸時代の臨済宗の僧。
字は以心、法名が崇伝で、南禅寺金地院に住したため、金地院崇伝(こんちいん すうでん)とも呼ばれる。
本光国師の称は、寛永3年(1626年)に後水尾天皇の師となり授けられたもの。
俗姓は一色氏。
徳川家康のもとで江戸幕府の法律の立案・外交・宗教統制を一手に引き受け、江戸時代の礎を作ったとされる。
その権勢から「黒衣の宰相」の異名を取った。
起草した武家諸法度は老中以下諸大名の前で崇伝により布告された。
徳川家光、徳川忠長の諱は崇伝により名付けられた。

関連作品

金地院崇伝が亡くなってから、388年と277日が経過しました。(141994日)