芸能人・経営者のおくやみ情報

田村隆一 氏(たむらりゅういち)

詩人翻訳家[日本]

1998年 8月26日 死去食道がん享年76歳

田村 隆一(たむら りゅういち、1923年(大正12年)3月18日 - 1998年(平成10年)8月26日)は、日本の詩人・随筆家・翻訳家。
詩誌『荒地』の創設に参加し、戦後詩に大きな影響を与えた。
府立三商業学校在学中から詩を書き始めた。
明治大学文芸科卒。
鮎川信夫・中桐雅夫らを知り詩誌「LE・BAL」などに参加。
戦後は、黒田三郎らも加わって、第2次「荒地」を創刊。
現代文明への危機意識をこめ、叙情と理知とが絶妙のバランスをなす散文詩を生んだ。
処女詩集は『四千の日と夜』(1956年)。
『言葉のない世界』(1962年)で高村光太郎賞受賞。
アガサ・クリスティーなどの推理小説の翻訳でも知られる。

関連作品

田村隆一さんが亡くなってから、25年と276日が経ちました。(9407日)