芸能人・経営者のおくやみ情報

松本奎堂(まつもとけいどう)

幕末の志士[日本]

(文久3年9月25日没)

1863年 11月6日 死去戦死享年33歳

松本奎堂 - ウィキペディアより引用

松本 奎堂(まつもと けいどう、天保2年12月7日(1832年1月9日) - 文久3年9月25日(1863年11月6日))は、三河国出身の幕末の志士。
通称謙三郎、名は孟成、衡。
字は士権。
奎堂は号。
別の号に嬬川、洞仏子がある。
三河国刈谷藩士の子に生まれ、江戸の昌平坂学問所で学び俊才として知られた。
強い尊王の志を持ち、脱藩して私塾を開いて尊攘派志士と交わった。
文久3年(1863年)には天誅組を結成して大和国で挙兵し、吉村寅太郎(土佐脱藩)、藤本鉄石(岡山脱藩)とともに三総裁の一人となったが、八月十八日の政変後に孤立した天誅組は幕府軍の攻撃を受けて敗退し、9月25日には松本も戦死した(天誅組の変)。

関連作品

松本奎堂が亡くなってから、160年と196日が経過しました。(58636日)