芸能人・経営者のおくやみ情報

閑院宮載仁親王(かんいんのみやことひとしんのう)

皇族、元帥陸軍大将[日本]

1945年 5月20日 死去享年81歳

 - ウィキペディアより引用

閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんのう、1865年11月10日(慶応元年9月22日) - 1945年(昭和20年)5月20日)は日本の皇族、陸軍軍人、日本赤十字社総裁、東京地学協会総裁(1895-1945)、日露協会総裁(1911-)。
伏見宮邦家親王第16王子。
称号・階級並びに勲等功級は元帥陸軍大将大勲位功一級。
後継のいなくなった閑院宮を継ぎ第6代当主となる。
1900年以後から第二次世界大戦終了直前まで皇族軍人として活躍。
親王宣下による親王では最後の生存者であり、また大日本帝国憲法下最後の国葬を行った人物である。
また、貴族院創設と同時に皇族議員となり薨去まで54年6ヶ月間務めたが、これは貴族院のみならず参議院まで含めても最長在任記録である。

関連作品

閑院宮載仁親王が亡くなってから、76年と197日が経過しました。(27956日)