芸能人・経営者のおくやみ情報

伊丹十三 氏(いたみじゅうぞう)

映画監督俳優エッセイスト[日本]

1997年 12月20日 死去自殺享年65歳

伊丹十三 - ウィキペディアより引用

伊丹 十三(いたみ じゅうぞう、1933年5月15日 - 1997年12月20日)は、日本の映画監督、俳優、エッセイスト、商業デザイナー、イラストレーター、CMクリエイター、ドキュメンタリー映像作家。
戸籍名は池内 義弘(いけうち よしひろ)だが、家庭では岳彦(たけひこ)と呼ばれて育ったため、本名・池内岳彦とされる場合もある。
映画監督の伊丹万作は父。
女優の宮本信子は妻。
長男は池内万作(俳優)。
次男は池内万平。
ノーベル賞作家の大江健三郎は妹ゆかりと結婚したので義弟。
ギタリストの荘村清志は従弟。
料理通としても知られた。
身長180cm。
来歴・人物 幼少 - 青年期 京都市右京区鳴滝泉谷町に生まれる。
池内家の通字が「義」だったため、祖父の強い意向で義弘と命名されたが、父は岳彦と命名する予定だったため、家庭では父の意向により「岳彦」「タケチャン」と呼ばれて育った。
生後7か月で京都市右京区嵯峨野神ノ木町に転居。
2歳の時、妹ゆかり(長じてのち1960年に大江健三郎と結婚)が誕生。
1938年4月末、父の東宝東京撮影所移籍に伴い東京市世田谷区祖師谷に転居。

  • 題名
    日本人よ! (伊丹十三選集 第一巻)
    著者
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    512ページ
    発売日
    2018-12-21
    新品価格
    ¥ 3,564
    中古商品
    ¥ 3,480 より
  • 題名
    日々是十三
    著者
    伊丹十三
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    389ページ
    発売日
    2019-02-20
    新品価格
    ¥ 3,564
    中古商品
    ¥ 2,590 より
  • 題名
    好きと嫌い
    著者
    伊丹十三
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    341ページ
    発売日
    2019-01-19
    新品価格
    ¥ 3,564
    中古商品
    ¥ 2,211 より
  • 題名
    伊丹十三の本
    著者
    発売元
    新潮社
    ページ数
    245ページ
    発売日
    2005-04-21
    新品価格
    ¥ 2,376
    中古商品
    ¥ 1,283 より
  • 題名
    ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集
    著者
    伊丹十三
    発売元
    つるとはな
    ページ数
    296ページ
    発売日
    2017-12-20
    新品価格
    ¥ 2,160
    中古商品
    ¥ 1,205 より
  • 題名
    ケトルVOL.47
    著者
    伊丹十三
    発売元
    太田出版
    ページ数
    136ページ
    発売日
    2019-02-15
    新品価格
    ¥ 972
    中古商品
    ¥ 500 より
  • 題名
    女たちよ! (新潮文庫)
    著者
    伊丹十三
    発売元
    新潮社
    ページ数
    336ページ
    発売日
    2005-03-02
    新品価格
    ¥ 594
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    ヨーロッパ退屈日記 (新潮文庫)
    著者
    伊丹十三
    発売元
    新潮社
    ページ数
    320ページ
    発売日
    2005-03-02
    新品価格
    ¥ 594
    中古商品
    ¥ 59 より
  • 題名
    13の顔を持つ男 伊丹十三の肖像【DVD】
    著者
    伊丹十三
    発売元
    ページ数
    発売日
    2007
    新品価格
    中古商品
    ¥ 3,999 より
  • 題名
    伊丹十三の映画
    著者
    発売元
    新潮社
    ページ数
    271ページ
    発売日
    2007-05-01
    新品価格
    ¥ 2,160
    中古商品
    ¥ 850 より

】 [1933~1997]俳優・映画監督。京都の生まれ。本名、池内義弘。父は映画監督の伊丹万作。演技派の俳優として特異な存在だったが、昭和59年(1984)の「お葬式」で映画監督に転向。ラーメン店を舞台とした「タンポポ」、国税局査察部で活躍する女性を描いた「マルサの女」など、それまで映画に取り上げられにくかった題材を扱い話題を集める。エッセイストとしても知られ、著書に「ヨーロッパ退屈日記」「女たちよ!」など。 (引用元 コトバンク)