芸能人・経営者のおくやみ情報

曾我廼家五九郎(そがのやごくろう)

喜劇俳優[日本]

1940年 7月7日 死去享年65歳

曾我廼家 五九郎(そがのや ごくろう、1876年4月12日 - 1940年7月7日)は、日本の喜劇俳優。
本名は武智 故平(たけち こへい)。
人物・来歴 1876年(明治9年)4月12日、徳島県麻植郡鴨島村(現在の同県吉野川市鴨島町)に生まれる。
角籐定憲、川上音二郎、福井茂兵衛などの壮士芝居(新派の前身)の一座を経て、満31歳を迎える1907年(明治40年)、曾我廼家五郎の喜劇一座に入門し「曾我廼家五九郎」を名乗った。
1910年(明治43年)には横田商会、1912年(明治45年)には吉沢商店の初期のサイレント映画に主演している。
特に後者は東京・浅草公園六区に吉沢商店が経営していた浅草帝国館で公開されている。
同年春に独立し同地帝国館にて一座を構える、このころから川上貞奴、小山内薫、歌舞伎の二代目市川左團次の自由劇場などの影響を受け、自らの一座に女優を積極に出演さたり、喜劇にオペラの要素を取り入れた「五九郎ミュージカル」を公演するなどその後の喜劇に大きな影響を与えた、同年、横田商会と吉沢商店は合併して日活を設立した。

関連作品