芸能人・経営者のおくやみ情報

本因坊秀哉(ほんいんぼうしょうさい)

囲碁棋士[日本]

(本名・田村保寿)

1940年 1月18日 死去享年67歳

本因坊 秀哉(ほんいんぼう しゅうさい、1874年(明治7年)6月24日- 1940年(昭和15年)1月18日)は、明治から昭和にかけての囲碁の棋士。
家元本因坊家の二十一世で、終身名人制の最後の名人。
東京出身、本因坊秀栄門下、本名は田村保寿(やすひさ)。
法名は日温。
引退後に本因坊の名跡を日本棋院に譲渡し、選手権制の本因坊戦創設に導いた。
棋風は力戦に強く、「序盤に策あり」と言われた。
2008年囲碁殿堂入り。
棋士の高橋重行は義弟(秀哉の妻の弟)。
生涯 修行時代 父は内務省勤務の田村保永で、芝桜田町に生まれる。
伯父は貴族院議員でシーメンス事件での弾劾演説で知られる村田保。
保寿は父の趣味の影響で囲碁を覚えた。
1885年、11歳のときに方円社に入塾し、中川亀三郎に師事。
当時の住み込みの塾生は、塾頭の石井千治、道家富太、杉岡榮治郎、田村保寿の4人だった。
田村は、石井千治、杉岡榮治郎とともに方円社の三小僧と呼ばれた。
1986年9級(初段)を認められる。
1891年に方円社を脱退して、友人と「尋人会合所」という地方から上京する若者向けの事業を開こうとしたが、許可が下りずに頓挫、方円社は除名される。

関連商品