芸能人・経営者のおくやみ情報

沢村貞子 氏(さわむらさだこ)

女優エッセイスト[日本]

1996年 8月16日 死去享年89歳

沢村貞子 - ウィキペディアより引用

沢村 貞子(さわむら さだこ、旧字体:澤村、1908年11月11日 - 1996年8月16日)は、日本の女優、随筆家。
本名は大橋 貞子(おおはし ていこ)。
生涯に350本以上の映画に出演し、幅広い役柄と個性的な演技で名脇役女優として活躍した。
日本女子大学在学中に新築地劇団へ入り、左翼演劇運動に加わって2度逮捕される。
その後日活に入社して映画女優となり、東宝を経て戦後はフリーとなる。
エッセイストとしても知られ、半生記『貝のうた』『私の浅草』などを発表している。
兄は澤村國太郎、姉は矢島せい子、弟は加東大介、甥は長門裕之・津川雅彦である。
夫は大橋恭彦で、戦時中に藤原釜足との結婚歴がある。
生い立ち 1908年(明治41年)11月11日、東京府東京市浅草区猿若町(現在の東京都台東区)に、父・加東伝九郎と母・マツの2男2女の二女として生まれる。
父の伝九郎は竹芝傳蔵の名で活躍した狂言作者で、兄の友一は四代目澤村國太郎、弟の徳之助は加東大介の芸名で、ともに映画俳優となった。

さわむら-さだこ 1908-1996昭和時代の女優。明治41年11月11日生まれ。4代沢村国太郎の妹。加東大介の姉。左翼劇団で活動,2度逮捕される。昭和9年「野の光」で映画デビュー。戦後も名脇役として「赤線地帯」などおおくの映画に出演,テレビ,舞台でも活躍した。エッセイストとしても知られ,53年半生記が「おていちゃん」としてテレビドラマ化された。平成8年8月16日死去。87歳。東京出身。日本女子大中退。本名は大橋貞子。エッセイに「私の浅草」など。【格言など】事の破るるは得意の日にあり (引用元 コトバンク)