芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・マーティンJohn Martin

画家[イギリス]

1854年 2月17日 死去享年66歳

 - ウィキペディアより引用

ジョン・マーティン(英:John Martin, 1789年7月19日 - 1854年2月17日)は、19世紀の英国人のロマン派の画家、版画家、都市計画家。
イングランド最北部のノーサンバーランド州 ヘイドン・ブリッジの郊外、イースト・ランデンズで十三人兄弟の末っ子として生まる。
ニューカッスルで絵画の技法を学んだ後ロンドンに出て、ガラスや磁器の絵付けに従事した。
1811年、23歳の時からロイヤル·アカデミーに絵画を出品し、1812年の『忘却の水を探し求めるサダク』の様に画面いっぱいに壮大な風景を描き出し、それによって天変地異の圧倒的な力や破局的な様相を現出させている画風で注目を集め、更に1820年作の『ベルシャザルの饗宴(英語版)』の成功で人気画家となった。
旧約聖書、ミルトンの『失楽園』の挿絵入り本や油絵をもとにした版画作品は広く流布した。
1828年頃から次第に画から離れ、ロンドンの上下水道や鉄道線などの都市計画や発明に関わるようになったが、その結果破産同然となった。
死の数年前から絵の作成を再開し代表作のひとつとなる『最後の審判三部作』を発表した。

関連作品

ジョン・マーティンが亡くなってから、167年と292日が経過しました。(61289日)