芸能人・経営者のおくやみ情報

モリエールMolière

作家[フランス]

1673年 2月17日 死去享年52歳

モリエール - ウィキペディアより引用

モリエール(Molière、1622年1月15日 - 1673年2月17日)は、17世紀フランスの俳優、劇作家。
コルネイユ、ラシーヌとともに古典主義の3大作家の1人。
本名ジャン=バティスト・ポクラン(Jean-Baptiste Poquelin)。
悲劇には才能がなかったが、鋭い風刺を効かせた数多くの優れた喜劇を制作し、フランス古典喜劇を完成させた。
自筆原稿や手紙は見つかっていない。
また、南仏修行時代のモリエールの署名とされる物には同じ筆跡が一つとして無いなど、その生涯、特に青年期に関しては不明な点が多い。
極めて裕福な家庭に生まれ育ち、青年期に演劇を志して劇団を結成するも運営に失敗、パリから逃げ出すように13年間の南フランス演劇修行の旅に出た。
その甲斐あってパリ帰還後に大成功を収め、自身が率いる劇団はフランス国王の寵愛を獲得するまでに至った。
彼が率いていた劇団がコメディ・フランセーズの前身であることから、同劇団は「モリエールの家(La maison de Molière)」という別名を持つ。

  • 題名
    ドン・ジュアン (岩波文庫)
    著者
    モリエール
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    119ページ
    発売日
    1975-01-01
    新品価格
    ¥ 540
    中古商品
    ¥ 83 より
  • 題名
    モリエール傑作戯曲選集2
    著者
    モリエール
    発売元
    鳥影社
    ページ数
    258ページ
    発売日
    2018-09-08
    新品価格
    ¥ 3,024
    中古商品
    ¥ 5,147 より
  • 題名
    モリエール全集〈4〉
    著者
    モリエール
    発売元
    臨川書店
    ページ数
    453ページ
    発売日
    2000-10
    新品価格
    ¥ 4,428
    中古商品
    ¥ 1,948 より
  • 題名
    わが名はモリエール
    著者
    鈴木康司
    発売元
    大修館書店
    ページ数
    346ページ
    発売日
    1999-10-01
    新品価格
    ¥ 2,700
    中古商品
    ¥ 2,539 より
  • 題名
    守銭奴 (大学書林語学文庫)
    著者
    モリエール
    発売元
    大学書林
    ページ数
    199ページ
    発売日
    1998-12-01
    新品価格
    ¥ 1,836
    中古商品
    ¥ 880 より
  • 題名
    モリエール全集〈5〉恋と病い
    著者
    発売元
    臨川書店
    ページ数
    302ページ
    発売日
    2000-12
    新品価格
    ¥ 11,721
    中古商品
    ¥ 1,874 より
  • 題名
    人間ぎらい (新潮文庫)
    著者
    モリエール
    発売元
    新潮社
    ページ数
    161ページ
    発売日
    1952-03-18
    新品価格
    ¥ 2,845
    中古商品
    ¥ 100 より
  • 題名
    モリエール全集〈2〉社会への眼
    著者
    モリエール
    発売元
    臨川書店
    ページ数
    359ページ
    発売日
    2000-06-01
    新品価格
    ¥ 13,665
    中古商品
    ¥ 1,726 より
  • 題名
    人間ぎらい(新潮文庫)
    著者
    モリエール
    発売元
    新潮社
    ページ数
    72ページ
    発売日
    1952-03-18
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    タルチュフ (岩波文庫 赤 512-2)
    著者
    モリエール
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    152ページ
    発売日
    1974-03-18
    新品価格
    中古商品
    ¥ 220 より

Molière [生]1622.1.15.パリ[没]1673.2.17.パリフランスの劇作家,俳優。本名JeanBaptistePoquelin。P.コルネイユ,ラシーヌと並ぶフランス古典劇三大作家の一人。初期の作品にはまだ前代の喜劇の影響が強かったが,『女房学校』L'Écoledesfemmes(1662),『タルチュフ』Tartuffe(64),『ドン・ジュアン』DomJuan,oulefestindePierre(65),『ル・ミザントロープ(人間嫌い)』LeMisanthrope(66),『守銭奴』L'Avare(68),『女学者』LesFemmessavantes(72),『病は気から』LeMaladeimaginaire(73)などによって,性格喜劇や風俗喜劇を完成させ,人間性に深く触れた本格喜劇を初めて生み出した。その演劇観は『女房学校批判』LaCritiquedel'Écoledesfemmes(63)で明らかにされている。 (引用元 コトバンク)