芸能人・経営者のおくやみ情報

内藤濯(ないとうあろう)

フランス文学者評論家[日本]

1977年 9月19日 死去享年95歳

内藤 濯(ないとう あろう、1883年7月7日 - 1977年9月19日)は、日本のフランス文学者・評論家・翻訳家・エッセイスト。
フランスの作家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『Le Petit Prince』(直訳すると「小さな大公」)を初めて『星の王子さま』と訳したことや、1908年に雑誌『音楽界』の中で「印象主義の楽才」として日本に初めて作曲家のクロード・ドビュッシーの作品を紹介したことで知られる。

関連作品

内藤濯が亡くなってから、45年と19日が経過しました。(16455日)