芸能人・経営者のおくやみ情報

窪田空穂(くぼたうつぼ)

歌人、国文学者[日本]

1967年 4月12日 死去享年91歳

窪田空穂 - ウィキペディアより引用

窪田 空穂(くぼた うつぼ、1877年(明治10年)6月8日 - 1967年(昭和42年)4月12日)は、日本の歌人、国文学者。
日本芸術院会員。
本名は窪田 通治。
息子に、同じく歌人の窪田章一郎がいる。
草創期の「明星」に参加。
浪漫傾向から自然主義文学に影響を受け、内省的な心情の機微を詠んだ。
古典の評釈でも功績が大きい。
詩歌集に『まひる野』(1905年)、歌集に『土を眺めて』(1918年)など。

関連作品

窪田空穂が亡くなってから、56年と175日が経過しました。(20629日)