芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川一夫 氏(はせがわかずお)

俳優[日本]

1984年 4月6日 死去頭蓋内膿瘍享年77歳

長谷川 一夫(はせがわ かずお、1908年(明治41年)2月27日 - 1984年(昭和59年)4月6日)は、日本の俳優。
旧芸名に林 長丸(はやし ちょうまる)、林 長二郎(はやし ちょうじろう)。
愛称は長さん。
身長162cm。
戦前から戦後の長きにかけて、日本映画界を代表する二枚目の時代劇スターとして活躍し、同時代の剣戟俳優である阪東妻三郎、大河内傳次郎、嵐寛寿郎、片岡千恵蔵、市川右太衛門とともに「時代劇六大スタア」と呼ばれた。
歌舞伎界から松竹に入り、松竹時代劇の看板俳優となった。
その後東宝、大映と移り、300本以上の作品に出演。
舞台やテレビドラマでも大きな活躍を見せており、晩年には宝塚歌劇『ベルサイユのばら』の初演で演出を行った。
没後に俳優では初の国民栄誉賞を受賞。
最初の妻は初代中村鴈治郎の次女・林たみ。
のちに離婚し、新橋の名妓・飯島繁と再婚。
俳優の林成年は長男、女優の長谷川季子と長谷川稀世は長女・次女、また稀世の娘に女優の長谷川かずきがいる。

関連作品

長谷川一夫が亡くなってから、38年と295日が経過しました。(14175日)