芸能人・経営者のおくやみ情報

有栖川宮幟仁親王(ありすがわのみやたかひとしんのう)

皇族[日本]

1886年 1月24日 死去胃がん享年73歳

 - ウィキペディアより引用

有栖川宮幟仁親王(ありすがわのみや たかひとしんのう、文化9年1月5日(1812年2月17日) - 明治19年(1886年)1月24日)は、幕末・明治期の日本の皇族、書家(有栖川流)。
身位は親王。
敬称は殿下。
神祇事務総督、神祇事務局督、神道教導職総裁、皇典講究所(現・國學院大學)総裁。
有栖川宮韶仁親王の第一王子。

有栖川宮幟仁親王が亡くなってから、135年と316日が経過しました。(49625日)