芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木松年(すずきしょうねん)

日本画家[日本]

1918年 1月29日 死去脳溢血享年71歳

 - ウィキペディアより引用

鈴木 松年(すずき しょうねん、嘉永元年6月14日(1848年7月14日) - 大正7年(1918年)1月29日)は、明治から大正にかけて活動した日本画家。
本名は謙、幼名は百太郎。
初号は百僊(ひゃくせん、百仙とも)で、32歳頃に松年に改める。
鈴木派の祖・鈴木百年の長男で、弟に鈴木百翠、鈴木万年。
上村松園の最初の師としても知られる。
父のおとなしい画風とは対照的な、豪放な作風と狷介な性格で「曾我蕭白の再来」と評され、今蕭白とあだ名された。

関連作品