芸能人・経営者のおくやみ情報

岸竹堂(きしちくどう)

日本画家[日本]

1897年 7月27日 死去享年72歳

岸 竹堂(きし ちくどう、文政9年4月22日(1826年5月28日) - 明治30年(1897年)7月27日)は、日本の幕末から明治時代に活躍した日本画家。
幼名は米吉、名は昌禄、字は子和、通称は八郎。
竹堂は号で、他に残夢、真月、虎林、如花など。
岸派の4代目で、明治期の京都画壇で、森寛斎、幸野楳嶺とともに3巨頭の1人に数えられた画家である。

関連作品