芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール・ポール・ブローカPierre Paul Broca

医師、解剖学者[フランス]

1880年 7月9日 死去享年57歳

 - ウィキペディアより引用

ピエール・ポール・ブローカ(仏: Pierre Paul Broca、1824年6月28日 – 1880年7月9日)は、フランスの内科医、外科医、解剖学者、人類学者。
ジロンド県サント=フォア=ラ=グランド出身。
彼に因んで名づけられた前頭葉中の一領域ブローカ野の研究で最も知られる。
ブローカ野は発話能力を司る。
失語症を患った患者が大脳皮質左前部の特定の領域に障害を有していたことが彼の研究により明らかになった。
これは脳機能が局在していることの最初の解剖学的証明である。
ブローカの研究は形質人類学の発展にも資するところがあり、人体測定学(英語版)を発展させた。

関連作品

「ピエール・ポール・ブローカ」と関連する故人