芸能人・経営者のおくやみ情報

市川森一 氏(いちかわしんいち)

脚本家[日本]

(「黄金の日日」「ウルトラマン」シリーズなど)

2011年 12月10日 死去肺がん享年71歳

市川 森一(いちかわ しんいち、1941年(昭和16年)4月17日 - 2011年(平成23年)12月10日)は、日本の脚本家、劇作家、小説家、コメンテーター。
日本放送作家協会の会長を務めた。
長崎県諫早市出身。
妻は『マキちゃん日記』で知り合った女優の柴田美保子。
妹は放送作家の市川愉味子(井上愉味子)。
実質的なデビュー作は円谷プロ製作『快獣ブースカ』。
代表作は『傷だらけの天使』『ウルトラセブン』『帰ってきたウルトラマン』『コメットさん』『露玉の首飾り』『TAJOMARU』など多数。

大河ドラマ「黄金の日日」や、特撮番組「ウルトラマン」シリーズなどの脚本を手掛けた市川森一(いちかわ・しんいち)さんが10日午前4時43分、肺がんのため東京都内で死去した。70歳だった。長崎県出身。葬儀は17日正午から長崎市茂里町3の31の法倫会館で、21日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所でそれぞれ執り行う。喪主はいずれも妻美保子(みほこ)さん。 1966年に「快獣ブースカ」で脚本家デビュー。「コメットさん」「ウルトラセブン」などの特撮番組や、「傷だらけの天使」などの人気ドラマを手掛け、78年のNHK大河ドラマ「黄金の日日」の脚本で高く評価された。 83年に「淋しいのはお前だけじゃない」で第1回向田邦子賞受賞。映画の脚本も手掛け、「異人たちとの夏」(88年)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した。作家としても活動し、小説「蝶々さん」などの作品がある。 日本放送作家協会で理事長や会長を務め、テレビコメンテーターとしても活躍した。2003年に紫綬褒章、11年に旭日小綬章。 (2011/12/10-20:00)

関連作品

  • タイトル
    蝶々さん(下) (講談社文庫)
    種別
    Kindle版
    著者
    • 市川森一
    出版社
    講談社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥408
    中古商品
  • タイトル
    市川森一 古事記
    種別
    単行本
    著者
    • 市川森一
    出版社
    映人社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,760
    中古商品
    ¥1,340より

市川森一さんが亡くなってから、10年と167日が経ちました。(3820日)