芸能人・経営者のおくやみ情報

市川森一 氏(いちかわしんいち)

脚本家[日本]

(「黄金の日日」「ウルトラマン」シリーズなど)

2011年 12月10日 死去肺がん享年71歳

市川 森一(いちかわ しんいち、1941年(昭和16年)4月17日 - 2011年(平成23年)12月10日)は、日本の脚本家、劇作家、小説家、コメンテーター、学校法人鎮西学院理事・評議員、長崎歴史文化博物館名誉館長、日本放送作家協会理事長。
長崎県諫早市出身。
来歴・人物 鎮西学院中学部、長崎県立諫早高等学校を経て日本大学藝術学部卒業。
妻は『マキちゃん日記』で知り合った女優の柴田美保子。
父は旧海軍大村航空隊の教官。
1966年(昭和41年)に円谷プロダクション製作の子供向け特撮番組『快獣ブースカ』第4話「ブースカ月へ行く」で脚本家デビューする。
その後しばらくの間は、子供番組を中心に執筆していた。
キリスト教の影響を多大に受けており、ウルトラシリーズの脚本では、新約聖書や神話に由来する名前を持つ怪獣や設定を多用したことでも知られる(ペテロ、バラバ、ゴルゴダの丘→ゴルゴダ星、アイスキュロス→アイロス星人、マナ→フルハシ・マナ、プロメテウス→プロテ星人、サロメ→サロメ星人など)。

大河ドラマ「黄金の日日」や、特撮番組「ウルトラマン」シリーズなどの脚本を手掛けた市川森一(いちかわ・しんいち)さんが10日午前4時43分、肺がんのため東京都内で死去した。70歳だった。長崎県出身。葬儀は17日正午から長崎市茂里町3の31の法倫会館で、21日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所でそれぞれ執り行う。喪主はいずれも妻美保子(みほこ)さん。 1966年に「快獣ブースカ」で脚本家デビュー。「コメットさん」「ウルトラセブン」などの特撮番組や、「傷だらけの天使」などの人気ドラマを手掛け、78年のNHK大河ドラマ「黄金の日日」の脚本で高く評価された。 83年に「淋しいのはお前だけじゃない」で第1回向田邦子賞受賞。映画の脚本も手掛け、「異人たちとの夏」(88年)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した。作家としても活動し、小説「蝶々さん」などの作品がある。 日本放送作家協会で理事長や会長を務め、テレビコメンテーターとしても活躍した。2003年に紫綬褒章、11年に旭日小綬章。 (2011/12/10-20:00)

関連作品