芸能人・経営者のおくやみ情報

織井茂子 氏(おりいしげこ)

歌手[日本]

1996年 1月23日 死去膵臓腫瘍享年71歳

 - ウィキペディアより引用

織井 茂子(おりい しげこ、1926年1月10日 - 1996年1月23日)は、日本の歌手。
本名は伊東 茂子(いとう しげこ)。
東京都目黒区出身。
10代の頃は、童謡歌手として、リーガル(コロムビアの廉価盤)の専属として活躍。
東洋音楽学校(現・東京音楽大学)を卒業後、歌謡曲歌手となるべく当時有名であった大村能章歌謡学院の門下となり、大村の紹介により「都能子(みやこよしこ)」の芸名で1947年(昭和22年)にキングレコードからデビュー。
芸名の「能子」は、師である大村能章の「能」をいただいたものである。
ヒット曲には恵まれなかったものの、木下惠介監督の松竹映画『女』にレビュー歌手として出演し、劇中で『紅バラルンバ』を歌っている。
1949年(昭和24年)、先輩歌手である林伊佐緒のすすめもあり、芸名を本名の旧姓である織井茂子に戻して、コロムビアに移籍し、『安南夜船』で再デビュー。
1952年(昭和27年)にようやく、松竹映画『カルメン純情す』(監督:木下惠介)の同名の主題歌で脚光を浴びることとなる。

関連作品