芸能人・経営者のおくやみ情報

津村謙(つむらけん)

歌手[日本]

1961年 11月28日 死去一酸化炭素中毒享年39歳

津村 謙(つむら けん、1923年12月12日 - 1961年11月28日)は、富山県下新川郡入善町出身の歌手。
男性。
本名:松原正(まつばら・ただし)。
妻は元宝塚の大国阿子。
経歴・人物 魚津中学校卒業後、上京し、江口夜詩の門下となる。
1943年(昭和18年)、テイチクからデビューしたが、まもなく徴兵される。
1946年(昭和21年)、芸名を津村謙として再デビュー。
この芸名は、戦時中に発表されて一世を風靡した映画『愛染かつら』の主人公・津村浩三の「津村」と、それを演じた俳優・上原謙の「謙」を取ったものである。
しばらくヒットに恵まれなかったが、1951年(昭和26年)に、「上海帰りのリル」(作詞:東条寿三郎、作曲:渡久地政信)が大ヒット(島耕二監督によって1952年に映画化/後に根津甚八がカバーする)。
一躍大スターになる。
この曲は、1957年に作家の松本清張が『別冊・文藝春秋』に発表した「捜査圏外の条件」にモチーフとして使われており、発売後6年経過した時点でも、人々に口ずさまれていたことがわかる。

関連作品