芸能人・経営者のおくやみ情報

由利徹 氏(ゆりとおる)

喜劇俳優[日本]

(本名・奥田清治)

1999年 5月20日 死去肝臓がん享年79歳

 - ウィキペディアより引用

由利 徹(ゆり とおる、1921年5月13日 - 1999年5月20日)は、日本の喜劇俳優。
本名:奥田 清治(おくだ きよはる)。
宮城県石巻市出身。
もともとはピストン堀口に憧れてボクサーを目指していたが、ムーランルージュ新宿座の芝居に憧れ、1940年(昭和15年)、18歳の時に上京。
1942年(昭和17年)に伯父の知人の世話によりきっかけをつかんでムーランルージュ入団。
しかし翌1943年(昭和18年)に大日本帝国陸軍に応召され、中国華北地方へ赴任。
1945年(昭和20年)に帰国し、ムーランルージュに復帰。
ムーランルージュが解散した1951年(昭和26年)の3月に帝国劇場公演『マダム貞奴』に出演。
しかし新宿セントラル劇場側から帝国劇場よりも高額なギャラを提示されてそれに乗り、同劇場を振り出しとしてストリップ劇場のコントで活躍。
最初の芸名は「南啓二」(自ら名付けた)。
その後「宇留木三平」となり、その後「ムリトウル」(「無理通る」に由来)にしようとしたが「この名前では大物になった時に困るだろう」として、一字変えて「由利徹」とした。

関連作品