芸能人・経営者のおくやみ情報

高島嘉右衛門(たかしまかえもん)

実業家、易者[日本]

1914年 10月16日 死去享年83歳

 - ウィキペディアより引用

高島 嘉右衛門(たかしま かえもん 1832年11月22日(天保3年11月1日) - 1914年(大正3年)10月16日)は幕末から明治にかけて活躍した横浜の実業家、易学家である。
江戸三十間堀生まれで、幼名は清三郎。
後に嘉兵衛、嘉右衛門と改名した。
号は呑象(どんしょう)。
以下、嘉右衛門を使用する。
明治初期に横浜港の埋め立て事業を手がけたことで横浜の発展に寄与しており、「横浜の父」あるいは吉田勘兵衛、苅部清兵衛らとともに横浜三名士ともいわれる。
その業績は高島町という地名にも残っている。
「高島易断」という書を著す。

関連作品

  • タイトル
    高島小易断
    種別
    単行本
    著者
    • 高島嘉右衛門
    • 柳田幾作
    出版社
    八幡書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,520
    中古商品
  • タイトル
    増補 高島易断 上下巻
    種別
    単行本
    著者
    • 高島嘉右衛門
    出版社
    八幡書店
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥39,600
    中古商品

高島嘉右衛門が亡くなってから、107年と48日が経過しました。(39130日)