芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・デリダ 氏Jacques Derrida

哲学者[フランス]

2004年 10月9日 死去享年75歳

 - ウィキペディアより引用

ジャック・デリダ(Jacques Derrida、1930年7月15日 - 2004年10月8日)は、フランスの哲学者である。
フランス領アルジェリア出身のユダヤ系フランス人。
一般にポスト構造主義の代表的哲学者と位置づけられている。
エクリチュール(書かれたもの、書法、書く行為)の特質、差異に着目し、脱構築(ディコンストラクション)、散種、差延等の概念などで知られる。
エトムント・フッサールの現象学に関する研究から出発し、フリードリヒ・ニーチェやマルティン・ハイデッガーの哲学を批判的に継承し発展させた。
哲学のみではなく、文学、建築、演劇など多方面に影響を与えた。
またヨーロッパだけでなくアメリカ、日本など広範囲に影響を与えた。
国際哲学コレージュの初代議長でもある。
代表的な著作に『グラマトロジーについて』、『声と現象』、『エクリチュールと差異』などがある。
生涯 1930年から1967年まで 1930年7月15日、当時フランス領アルジェリアのアルジェにあるエルビアールという町で、ピエ・ノワールと呼ばれるユダヤ系フランス人家庭に生まれた。

関連作品