芸能人・経営者のおくやみ情報

ミシェル・フーコー 氏

哲学者[フランス]

1984年 6月25日 死去エイズ享年58歳

 - ウィキペディアより引用

ミシェル・フーコー(Michel Foucault 発音例、1926年10月15日 - 1984年6月25日)は、フランスの哲学者、思想史家、作家、政治活動家、文芸評論家。
フーコーの理論は、主に権力と知識の関係、そしてそれらが社会制度を通じた社会統制の形としてどのように使われるかを論じている。
構造主義者やポストモダニストと呼ばれることが多いが、フーコーはこれらのレッテルを拒否している。
フーコーの思想は、特にコミュニケーション学、人類学、心理学、社会学、犯罪学、カルチュラル・スタディーズ、文学理論、フェミニズム、マルクス主義、批判理論などの研究者に影響を与えている。
フランスのポアティエで上流階級の家庭に生まれたフーコーは、リセ・アンリ4世高等師範学校で哲学に興味を持ち、指導者であるジャン・イポリットとルイ・アルチュセールの影響を受け、パリ大学(ソルボンヌ大学)では哲学と心理学の学位を取得した。
文化外交官として数年間海外で活動した後、フランスに戻り、最初の大著「狂気の歴史」(1961年)を出版した。
1960年から1966年にかけてクレルモンフェラン大学に勤務した後、『臨床医学の誕生』(1963年)、『言葉と物』(1966年)を発表し、後に距離を置くことになる構造主義との関わりを深めていった。
これらの最初の3つの歴史は、フーコーが開発していた「考古学(archaeology)」と呼ばれる歴史学的手法の典型である。
1966年から1968年にかけて、フーコーはチュニ ……

関連作品

ミシェル・フーコーが亡くなってから、37年と214日が経過しました。(13728日)