芸能人・経営者のおくやみ情報

ベルナール・スティグレール 氏Bernard Stiegler

哲学者[フランス]

2020年 8月6日 死去享年69歳

 - ウィキペディアより引用

ベルナール・スティグレール(Bernard Stiegler,1952年4月1日 - )は、フランスの哲学者。
デリダとシモンドンの強い影響を受けた哲学者で、哲学と技術の関係、社会と技術の関係を中心に著述を続けている。
大著『技術と時間』はハイデガーの技術論と時間論に影響を受け、書かれている。
『技術と時間』では、人間の生み出した技術が作り出した時間と、その時間に支配される人間…etc…彼のライフワークである。
2002年から2005年末までIRCAMの所長を務めるなど、技術と芸術、コミュニケーション、メディアといった方面も研究している。
2006年よりポンピドゥーセンター芸術監督。
主要著作 La Technique et le temps: Tome 1. La faute d'Epiméthée (1994) 『技術と時間 I ──エピメテウスの過失』(2009/邦訳法政大学出版局) La Technique et le temps: Tome 2. La désorientation (1996) 『技術と時間 II ──見失うこと』 Echographies de la télévision : Entretiens filmés (avec Jacques Derrida) (1996) 『テレビのエコーグラフィー ──デリダ〈哲学〉を語る』(デリダとの共著:2005/邦訳NTT出版) La Technique et le temps: Tome 3. Le temps du cinéma et la question du mal-être (2001) 『技術と時間 III ──映画の時間と悪の存在による問い』 Passer à l'acte (2003) 『現勢化──哲学という使命』(2007/邦訳新評論) Aimer, s'aimer, nous aimer : Du 11 septembre au 21 avril (2003) 『愛するということ──「自分」を、そして「われわれ」を』(2007/邦訳新評論) De la misère symbolique: Tome 1. L'époque hyperindustr ……

関連作品

「ベルナール・スティグレール」と関連する故人