芸能人・経営者のおくやみ情報

梅宮辰夫 氏(うめみやたつお)

俳優タレント実業家[日本]

2019年 12月12日 死去慢性腎不全享年82歳

梅宮 辰夫(うめみや たつお、1938年3月11日 - )は、日本の俳優・タレント・実業家。
身長174cm、血液型はA型。
所属事務所は株式会社ピックルズ(東京・赤坂)。
娘はモデル・タレントの梅宮アンナ。
東映ニューフェイスとしてデビューし、俳優として映画・テレビドラマに出演していたが、飲食事業の経営やバラエティ番組にも出演しだし、料理の腕前や軽妙なトーク、家庭の様子がたびたび紹介されている。
生い立ち 会津出身の梅宮の祖父・辰次郎が陸軍士官学校卒業後日露戦争に従軍、その後妻とともに満州・奉天に移住、辰次郎は関東軍参謀・板垣征四郎とも懇意の仲で、祖父の葬儀では板垣が弔文を読んだという。
同地で辰次郎の次男として生まれ、満州医科大学を卒業し医師となった後、満州国ハルビン特別市で満鉄病院に勤務していた父・次郎の長男として生まれる。
弟と妹それぞれ2人ずつの5人兄弟。
一家はその後、次郎の異動により開原市(現中華人民共和国遼寧省)に移住、同地で太平洋戦争終戦を迎え、1946年に他の引揚者らとともに信濃丸で博多港に帰国。

映像作品

関連書籍

ミュージック

俳優。本名・梅宮辰雄。1938年3月11日、満州国(現・中国)黒竜江省ハルビン生まれ。日本大学法学部在学中に東映ニューフェイス5期生に合格。大学を中退し、映画「少年探偵団敵は原子潜航艇」の探偵・明智小五郎役でデビュー。以後、「不良番長シリーズ」や「仁義なき戦い」などで人気を呼ぶ。テレビドラマにも数多く出演。特に75年に出演した倉本聰作品「前略おふくろ様」で演じた板前役が好評を博し、以後の役柄を広げるきっかけとなった。その後、バラエティ番組でも活躍。また、料理の趣味を生かして漬物店や飲食店などを経営し、実業家としても知られた。2019年12月12日に死去。享年81。 (2019-12-19) (引用元 コトバンク)