芸能人・経営者のおくやみ情報

一柳直末(ひとつやなぎなおすえ)

戦国武将[日本]

(天正18年3月29日没)

1590年 5月3日 死去討死享年45歳

一柳直末 - ウィキペディアより引用

一柳 直末(ひとつやなぎ なおすえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
豊臣秀吉に早い時期から仕えて黄母衣衆の一人となり、豊臣政権下で美濃国大垣城主・軽海城主などを務めたが、山中城の戦いで戦死した。
末安(すえやす)の名でも知られる。
弟に一柳直盛がいる。
秀吉がまだ木下を称していた時期からの「子飼いの家来」とも評される人物で、秀吉からの多くの書状が伝えられている。
直末・直盛兄弟の武功記として、直末の甥(直盛の子)にあたる直良が記した『一柳家記』がある。

推定関連画像

一柳直末が亡くなってから、434年と70日が経過しました。(158589日)