芸能人・経営者のおくやみ情報

宮城道雄(みやぎみちお)

作曲家、箏曲家[日本]

1956年 6月25日 死去転落享年63歳

宮城道雄 - ウィキペディアより引用

宮城 道雄(みやぎ みちお、1894年〈明治27年〉4月7日 - 1956年〈昭和31年〉6月25日)は、日本の作曲家・箏曲家である。
兵庫県神戸市生まれ。
旧姓は菅(すが)。
十七絃の開発者としても知られる。
大検校であったため、広く『宮城検校』と呼ばれた。
『雨の念仏』(1935年)などの随筆により文筆家としての評価も高い。
作家の内田百閒とは親友同士であり、交友も深く、双方の随筆でたびたび言及していた。

関連作品

宮城道雄が亡くなってから、67年と249日が経過しました。(24721日)